アブラムシ対策

今朝、ハウスに植えてある二十日大根の葉の表にアブラムシを発見。
アブラムシは普通、葉の裏に生息しているため、葉の表にはめったに出てきません。
「もしかして・・・?」
と、おそるおそる葉の裏を見ると、アブラムシがびっちり。

ここしばらく、週末に空模様がくずれ、週間に晴れの日が続いているため、ハウス内の湿度が上がってしまったようです。
近くの野菜にも少し伝播してしまっていました。
アブラムシは植物の汁を直接吸収するだけでなく、色々な植物ウイルス病を媒体したり、コナジラミと共生するため、植物体に大きなダメージを与えます。
アブラムシが忌避される所以です。

とにかく、二十日大根をすべて抜いてしまいました。
そしてトコさんと対策会議。
農薬を使用しないでアブラムシを防除する方法はいくつかありますが、
今回は「木酢液+トウガラシ液」で対応して、様子を見ようという事になりました。
c0144010_1333837.jpg
[PR]
by farmer-s | 2007-11-15 13:21
<< 古代米が届きました 間引きチンゲンサイ >>